おすすめの訪問看護ソフト(システム)をランキング比較でご紹介!【レセプト請求や業務の記録に人気の電子カルテ】

第4位 カナミック

カナミックの画像

おすすめポイント多職種間連携や法人間連携に強い各種サービスが特徴
比較ランキング第4位は、カナミックです。

掲示板形式で書き込みや各種ファイルを閲覧できるケアレポートやスタッフの情報やスケジュールを確認できるサービスカレンダーなど、医療・介護情報の共有に強いサービスを展開しています。

利用可能な端末の種類も幅広く、訪問先でのアクセスも手軽にできるシステムです。

帳票の自動作成や統計資料の出力ができることに加え、数々の高機能が搭載されており対応力が高くなっています。

共有された情報は視覚的に分かりやすく整理され、操作性にも問題はありません。

既に多くの事業所で導入され、たくさんのユーザーが日常的に利用していることからもカナミックの評価が高いことがわかります。

情報共有に強いクラウド型のサービス

カナミックの画像

医療・介護の情報共有に強いシステムを探しているのなら、カナミックはうってつけのサービスです。

クラウド型でサービスを展開しており、主治医や訪問看護師、薬剤師など多職種で利用者さんのさまざまな情報を共有できます。

インターネットに接続できる通信環境と端末があれば、いつでもどこでも情報にアクセスすることが可能です。

デスクトップパソコンだけでなく、ノートパソコンやスマートフォン、タブレット端末から利用することもできるので、訪問先ですぐに情報の閲覧や記録を行えます

職種や法人の垣根を超えて情報共有しやすい仕組みとなっており、まさに地域包括ケアを推進するために有用なツールです。

通信の際にはSSLによる暗号化がされるため、セキュリティにも問題はありません。

サーバー管理もカナミックに一任することができ、複数のデータセンターで情報が管理されていることから災害にも強いです。

■情報共有を活性化するシステムが整っている

さまざまな端末による手軽なアクセス以外にも、カナミックには情報共有を活性化するシステムが整っています。

例えば、掲示板形式のケアレポートでは利用者の閲覧状況や書き込みへのコメントなどをチェックすることができます。

エクセルやワード、PDFといった資料用のファイルに加えて、動画や撮影した写真など多様なフォーマットのファイルをアップロードできるため、文章だけでやりとりするよりもスムーズにコミュニケーションを取ることが可能なシステムです。

情報やアップロードしたファイルは誰でも閲覧できるわけではなく、参加者を限定することが可能なのでセキュリティの面でも心配は要りません。

記録した情報がただ掲載されるだけでなく、タイムライン形式で変化を把握できるという点も優れています。

また、参加者の情報や訪問看護のスケジュールを共有する際に便利なサービスカレンダーも利用できます。

サービスカレンダーにはケアレポートへの書き込みをチェックできる機能もあり、情報の確認漏れを防ぐ手助けとしても有用です。

帳票の自動作成や統計データの出力にも注目

カナミックの画像

情報共有だけがカナミックの魅力というわけではありません。

他にも注目すべき機能が豊富に揃っているソフトです。

例えば、カナミックを利用してデータを入力すると、業務上必要となる帳票を自動で作成することができます。

わざわざ帳票を作成するために作業をする必要がなくなるため、「業務の効率化をしたい」と考えている現場にとっては心強い存在です。

統計データの出力にも優れており、活用法によってはプラスアルファの機能として利用することもできます。

また、カナミックは東京大学高齢社会総合研究機構と共同研究を行い、ブラッシュアップを重ねてきたソフトです。

そのため、入力したアセスメント項目を迅速に自動分析して結果を表示する「要介護認定・ADL評価」や服用している薬の形や色を記録して共有できる「お薬手帳」など、医療・介護の現場で必要となる高機能なツールも多数搭載されています。

機能強化は継続的に行われているため、今後さらに使いやすくなることは間違いありません。

違う職種でも連携しやすい仕組み

カナミックの画像

カナミックはユーザー同士での連携が容易であるため、違う職種であっても連携がしやすいです。

利用者さんの基本情報や家族情報、医療情報や既往歴など連携をする際に必要となる情報も、フェイスシートの機能によって簡単に共有できます。

各情報の閲覧・記録を行うページはグラフィカルで直感的な理解がしやすくなっており、操作性についても問題ありません。

多くのスタッフが関わる現場であっても積極的に情報を共有し、適切な訪問看護の態勢を実現できます

【カナミック】の特徴やサービスについて詳しく知りたい

 

多くの事業所で導入されている信頼のシステム

カナミックの画像

既に多くの事業所で導入され、多くのユーザーが利用している点もカナミックの強みです。

2018年9月の時点で導入実績のある医療法人・介護事業者の数は22,000以上に上っており、ユーザー数も89,000名と非常に多い数字になっています。

「実際の訪問看護の現場で活用されているシステムを導入したい」という経営者の方にとっては、安心の根拠となるデータです。

導入事例についてもカナミックの公式ウェブサイト上で多数公開されており、動画形式で分かりやすく理解できます。

カナミックを導入することで実際の業務にどんな変化が起きるのかを知りたいのであれば、視聴してみる価値のある動画ばかりです。

スタッフ間の連携を重視するなら検討する価値あり

さまざまな形で情報共有を行い、多職種間での連携にも強いのがカナミックの特徴です。

職種や法人を問わず、スタッフ同士のコミュニケーションを活性化させて、より力強い連携で事業を進めていくつもりなら、検討する価値は十分にあります。

掲示板形式での情報の共有やサービスカレンダーによる日程の確認は、これまで訪問看護ソフトを使ったことのないスタッフでも利用しやすいサービスです。

グラフィカルな画面と高い操作性も導入のしやすさにつながりますし、スマートフォンやタブレットからアクセスできる点も利便性に優れています

また、帳票作成や統計データ出力など、情報共有以外にも優れた機能が多数搭載されているため便利です。

導入実績についても問題はなく、ユーザー数は信頼に値する数字となっています。

カナミックの口コミや評判

カナミックはクラウド型サービスなので、インターネット環境さえあればどこでもカナミックの機能を使うことができます。ツイートにも、「外でもスキマ時間を使ってスマホで記録をつけることができる」とありますよね。

これはクラウド型サービスならではのメリットです。もちろん、サーバの運用・保守・管理は全てサービス提供者であるカナミックがおこなっているので安心です。

またカナミックは情報共有にも強みがあるので、チーム・スタッフ同士の連携がスムーズになります。